恐怖!神経にまで達していた虫歯!

これは私が今から約6年ほど前に経験した話です。

当時はまだ息子が1歳半で、夫も激務だったためほぼワンオペ育児だった私。さらに夫の転勤により自分の実家から2時間ほど離れた地域に住んでいたので、本当に日中は息子と二人きり。もちろん何かあった時にも気軽に預けられるような知人もおらず…。

そんな時に限って、妙に右上の奥歯が痛むのです。最初は冷たいものや熱いものが染みる程度だったのが、時が経つにつれて何を食べても黙っていてもジンジン痛み始めてきました。

これはもうほっておけない、でも近所に小さな息子を連れて通える歯科がない!どうしようもなくて、夫に許可をもらい、息子を連れて実家に帰った先での歯科受診となりました。

診察の結果、虫歯がかなり進行して神経まで達しているとのこと。しかも変な生え方をしている歯だからここでは抜歯は無理!紹介状書くから総合病院へ…と言われてしまいました。仕方なく、すぐに総合病院を受診し、即抜歯をしてもらいました。

医師の腕が大変良かったためか、抜歯の痛みは全くありませんでした。でも、緊張で全身汗びっしょり。終わった後に自分が座っていた治療用の椅子を見たら、べっちゃべちゃで気まずいったら…。もう恥ずかしくて、逃げるように診察室を後にしました。子供が大きくなり、今は定期的に審美歯科に通っています。