アメリカでの歯科治療は高額です

アメリカで駐在員のサポートをしています。医療費や保険もカバーしています。アメリカでは歯科も含め、病院代が高額です。日本と比べるとべらぼうです。虫歯を1本治療するだけで20万円くらいとられます。私がアメリカに来たときに、詰め物(銀歯)がとれてしまい、アメリカの歯科医に治療してもらいましたが、それくらいの額を取られました。大阪で実績ある歯周病歯科に行こうと思ったら桁が一つ違います。その分、きちんとした治療をしてもらえました。医療費は一定額を会社が負担してくれますが、それでも自己負担額は日本より多くなります。
私がいる都市には日本語の出来る歯科医(ほとんど日本人です)が数名居ます。日本の情報誌によく広告が出ているので、それを見て行きました。英語でコミュニケーションして歯の治療をするのはかなりレベルが高く、難しいと思います。駐在員は少々遠くても日本語が出来る歯科医のところへ行っています。
通常、日本からの海外旅行の傷害保険は歯科治療をカバーしていません。特約で追加できる場合もありますが、カバーされる上限額もありますので、注意が必要です。海外旅行に行くときは歯の治療を済ませておいたほうが無難です。