顎関節症になって歯医者に行った時の話

ある日、物を食べると奥歯のあたりが「カクカク」と言った感じで音が鳴り少し違和感を感じるようになったので、歯医者に行ってみることにし、大阪で歯周病治療なら初診カウンセリングをしてくれるところ選ぼうと言われるところに行ったので予約の際少し待ちましたが、実際行ってみるとこじんまりしたアットホームなところでした。
先生は私の歯を見ると「虫歯等はないけど噛み合わせが悪いのかもね」と言って、少し上下の歯を削って噛み合わせを合わせ、「顎関節症は精神的なストレスでもなるので、問診チェックをしましょう」と言い、全50問ほどあるチェック項目が書いてある紙を渡し、これを次の検診の時までに書いてきてくるように言われました。
そこには仕事をしていてストレスはあるか?寝付きは良いか?などの質問があり、それらに答えて次回の診察の時に先生に出すと「少しストレスが貯まっているので、ストレス性の顎関節症かもしれない」と言い、体幹が悪いと顎がずれたりするので、これから教えるストレッチを毎日やるようにと、歯医者でストレッチも教えてもらいました。
最終的には治ったのですが、何やらいろいろと不思議な体験をした歯医者さんでした。